トップページ保育所の入所条件保育所問題とは何か保育所問題を解決するためにリンク集サイトマップ
保育所の待機児童が増えている問題について
保育所問題を解決するために
保育所を増やすこと、潜在保育士を現場に復帰させること、そのために保育士の待遇を改善することは、保育所問題を解決するための急務といえるでしょう。

しかし現実には、新しい認可保育所の数は、親が希望するほどには増えていません。

そこで政府は、家庭保育事業、通称保育ママの活用、促進を検討しています。

保育ママは自宅で子供を預かり、面倒を見るサービスです。保護者宅に出向いて子供を見るベビーシッターとは違い、保育ママは自分の家に複数の子供を集めて面倒を見ます。言ってみれば小規模な保育所と考えることもでき、新たな施設を作らなくてよいので、増やすことも難しくないと考えられています。

保育ママのメリットは他にもあります。幼い子供を家庭で育てるように、細かいケアを望むこともできるでしょう。保護者との連絡を密にして、その子供に合った世話をしてもらえるのは保育ママならではです。

しかし反面、保育所のように指導内容に細かい規定がないので、保育ママにどれだけのことを望めるか、不安も残ります。

いずれにせよ相性のよい、あるいは信頼できる保育ママと出会えることがあれば幸いですが、サービスの均一化についてはまだまだ考慮の余地がありそうです。